YOU COULD AT LEAST PRETEND TO LIKE YELLOW by Katrien De Blauwer

ベルギー人コラージュアーティスト、カトリアン・デ・ブラウワー(Katrien De Blauwer)の作品集。作者はこの作品のテーマとして、あえてそれほど好きではない黄色を選んだ。黄色は、明晰さや名誉と同時に臆病さや欺瞞を象徴する色である。本作には、スウェーデン人作家、映画監督であるヴィルゴット・シェーマン(Vilgot Sjöman)が1967年に制作したエロティック映画『私は好奇心の強い女(イエロー篇)/ 原題:I Am Curious (Yellow)』を思わせるところがある。政治、若い女性の性解放、心理分析をテーマとしたこの独創的なこのコメディ映画は、アメリカで公開された後すぐに上映禁止となり、最高裁で審理された。インフレを考慮すると、この映画はアメリカで公開された外国映画の中で最も記録的な大ヒットとして何十年も王座を独占してきた。あるアメリカ人の批評家はこの映画を評して「家具用クリーナーを飲むのと同じくらいためになる」と言った。家具用クリーナーは大抵中身もラベルも黄色っぽいからである。後になって、奇妙な偶然が作者とこの映画を結びつけた。ある日作者はアンティークショップで1968年に出版されたこの映画に関する本を見つけた。そこには映画の台本が完全な形で収録されていた。その時までこの映画を知らなかった作者は、いつかこの映画が見られることを今でも楽しみにしており、黄色を好きな振りをし続けているという。作者の1つ1つの作品は、裏側も表側と同じくらいユニークな仕上がりとなっている。本書では、これまで発表されたことがほぼない裏面も収録。全作品、実寸大で印刷されている。

プレオーダー *2月上旬入荷予定

by Katrien De Blauwer

REGULAR PRICE ¥6,400

hardcover
40 pages
215 x 275 mm    
color
limited edition of 450 copies
2020

PRE-ORDER *SHIPPED IN EARLY FEB

published by LIBRARYMAN