SHOJI UEDA by Shoji Ueda [SECOND EDITION / RARE / DAMAGED]

日本写真界における最も傑出した存在の一人であり、“Ueda-cho”(植田調)という言葉がヨーロッパのフォトアート界の共通語になるほど、その構図や題材、色調の独自性が世界に知られた写真家、植田正治 (1913-2000) の作品集。植田正治は生まれ故郷である日本海沿岸、鳥取地方に対する深い愛着を終生失わず、作品の大多数にはその故郷が背景として用いられている。いわば定住型の冒険家であった作者は、季節の移ろいにあわせて表情を変える砂丘を飽きずに見て回った。好奇心に満ちた彼の視線は、世界地図、風にそよぐ麦畑、ローラースケートを履いた少年、紀枝夫人の華奢なシルエットなど、周囲のあらゆるものに向けられた。散策に出ないとき、作者は季節の果物やガラクタ、つまりそこらで見つけた小さな宝物で構成した静物写真を撮った。本書は、植田正治に捧げられた初の3ヶ国語版(和・英・仏)モノグラフ写真集であるとともに、彼のモノクロおよびカラーの未発表作品を数多く収録したものである。更に出版社たっての希望により、作家の堀江敏幸氏(『雪沼とその周辺』『熊の敷石』など)から、植田正治の卓越した宇宙と響きあう、本書の為に書き下ろされた短編小説を巻末に収録。

by Shoji Ueda

通常価格 ¥10,000
1万円以上国内送料無料

hardcover
188 pages
220 x 290 mm
color, black and white
limited edition of 1,200 copies
2016

SECOND EDITION
CONDITION: B'

*傷みあり

published by CHOSE COMMUNE