FAMILY DIARY by Issei Suda

日本人写真家、須田一政の作品集。1991年から1992年の間、作者は世界で最も小さいカメラの一つ、ミノックスの小型カメラで強引に撮影を行った。あまりに小さいそのカメラは、戦時中にスパイなどの諜報活動でよく用いられていたという。作者はそのレンズを自分の家族へと向け、共に暮らす自身の娘と妻、そして犬との日常生活をユーモアたっぷりに記録した。本作のタイトル『Family Diary』は作者が名付けたものであり、作品集化されるのは初めてとなる。

by Issei Suda

REGULAR PRICE ¥6,600  (tax incl.)

softcover
176 pages
230 x 150 mm
black and white
2021

published by CHOSE COMMUNE