JOSEF CARDIGAN by Rosemarie Trockel

ドイツ人コンセプチュアルアーティスト、ローズマリー・トロッケル(Rosemarie Trockel)の作品。ニットウェアブランド「Leorosa」が主宰する新シリーズ「Leorosa Editions」の第一弾として、国際的に高い評価を得る作者を招き、30部限定のエディションのカーディガンをデザインした。作者は、大切な思い出の品を再解釈し、カーディガンのインスピレーション源として、父ヨーゼフが持っていたスカーフを選んだ。本作は、チェック柄を用いて、スコットランド産のウール100%で編まれており、デザインを再現している。このユニセックスのカーディガンに添えられた2枚の写真は、「Leorosa」の創設者の二人、パオリーナ・レッチェーゼ(Paolina Leccese)とジュリアン・タッフェル(Julian Taffel)が、無名の人物として作者によって撮影されたものである。父親へのオマージュとして、どちらの写真の上にも父親の名前「JOSEF」が太い書体で印刷され、ポスターシリーズとして制作されている。なお、作者は、本作が発表された頃、チェチリア・アレマーニ(Cecilia Alemani)がキュレーターを務めた「第59回ヴェネツィア・ビエンナーレ」内「The Milk of Dreams(夢のミルク)」に作品が展示されている。各エディションにはナンバリングが入り、ボックスにパッケージされている。函の中にはニットカーディガン1点と、作者によるサイン入りポスター2枚が納められている。

by Rosemarie Trockel

REGULAR PRICE ¥275,000  (tax incl.)

a cardigan in a box including 2 posters
including two posters signed by Rosemarie Trockel

box:
335 x 335 x 47 mm

cardigan:
100% lambswool
made in Italy

size: medium / large
back length: 620 mm
chest: 535 mm
sleeve length: 770 mm
shoulder width: 580 mm

poster: 480 x 480 mm each

limited edition of 30 
2022

SPECIAL EDITION
SIGNED & NUMBERED BY ROSEMARIE TROCKEL

published by LEOROSA