HANEZAWA GARDEN by Anders Edström

スウェーデン人フォトグラファーで映像作家のアンダース・エドストローム(Anders Edström)の作品集。かつて東京・広尾にあった邸宅「羽澤ガーデン」を約9年間に渡って撮り続けた作品を収録。「羽澤 ガーデン」は、大正時代に作られた日本家屋と日本庭園を活かし、飲食・宴会施設などとして使われてきた 施設だったが、2005年12月を持って閉鎖された。豪壮な大正期の近代和風の邸宅では、囲碁や将棋の 名人戦の舞台になるなど、政治・経済・文化をはじめ、すそ野の広い人々とゆかりを持っていたこの文化的 価値のある建築をなんとか残そうと、地元住民が開発許可の取り消しを求める行政訴訟を行ったが、建物は 取り壊され、2012年に跡地に3階建てマンションが建てられた。瑞々しい竹が生い茂る緑豊かな庭や落 ち葉の積もる屋根は時と共に移り変わり、江戸時代から現在までの日本の歴史をもつ場所の証人であった羽 澤ガーデンの豊かな樹木はもはや見ることができない。しかし、この本に写し出されている風景だけは未だ に我々の目に都市開発で消えてしまった「土地の文脈の記憶」を映し出しているように見える。映像作品「The Anchorage」(09') を共同制作した、C.W.Winterによるエッセイ(和訳付き)を収録したブックレット付き。

by Anders Edström

通常価格 ¥7,500
1万円以上国内送料無料

hardcover with text booklet 
232 pages + 8 pages
210 x 267 mm
color
2015

published by MACK