MAISON BELGE: BELGISCH HUIS by Candida Höfer

ドイツ人フォトグラファー、カンディーダ・ヘーファー(Candida Höfer)の作品集。2021年3月から5月にかけてケルンの「Galerie Thomas Zander」で開催された展覧会に伴い刊行された。この展覧会では、1950年に開館し、2020年に70周年を迎えたケルンのベルギーハウスを記録した一連の写真が展示された。作者の大判写真は、ケルンの歴史の中でも特別な存在であるベルギーハウスとベルギーの文化との関わりを探究している。この施設は、終戦直後に闇資金で調達したという波乱に富んだ歴史があり、伝統とモダンの両方の要素とグリュンダーツァイト(※註)の建築様式を融合させ、ベルギー産の大理石、鉛窓、旧植民地ベルギー領コンゴの熱帯木材で装飾され、独特の建築的特徴を持つ。近年では、大規模な修復により、新たな輝きを放つことになった。作者は、何度か現地を訪れてこの文化財の記録を残している。ドイツ人考古学者マルクス・トリアー(Marcus Trier)によるエッセイでは、伝統ある建造物の歴史について紹介されている。

(※註)ドイツ帝国が成立した1871年以降、産業革命を経て19世紀末葉に訪れたドイツ好景気時代に建立された建造物を指す

by Candida Höfer

REGULAR PRICE ¥5,500  (tax incl.)

hardcover 
92 pages
195 x 260 mm
color
2021

published by WALTHER KÖNIG