MISE EN ABYME by Jan Mammey

ドイツ人フォトグラファー、ヤン・マメイ(Jan Mammey)の作品集。タイトルである『ミザナビーム(MISE EN ABYME)』(※註)をテーマとして制作。撮影した写真を自分のスタジオの壁に飾り、更にそれを撮影することで、スタジオから派生した作品として複製される。我々が日常的に遭遇する広告や図、建築様式、ウィンドウに飾られる写真などポストモダン世界によってもたらされたモチーフが写されており、被写体の中に存在する被写体、そのまた中に存在する被写体…といった構造で描かれている。最初は全く異なるイメージが並ぶように見えるが、ページをめくるにつれそれぞれの関係性が見えるようになってくる。気づくと繰り返されている形、色、テクスチャーが、本を観終わる頃には凝縮し、抽象的なナレーションとなる。まるでそれは目に見えない線で繋がっているかのようである。ドイツ人アーティスト、カーステン・ターベル(Carsten Tabel)によるテキストを収録。

※註 「紋中紋」を意味し、絵の中のモチーフやテーマの中に同じようなイメージが入れ子構造で入っている表現、手法で、その情景が無限に続いているようにも見える。

by Jan Mammey

通常価格 ¥5,500
1万円以上国内送料無料

softcover
168 pages
220 x 275 mm
color, black and white
2018

published by KODOJI PRESS