THE NOTEBOOKS AND DRAWINGS OF LOUIS I. KAHN by Louis I. Kahn

エストニア系アメリカ人建築家、ルイス・イザドア・カーン(Louis I. Kahn)の作品集。

作者の代表的な著作の復刻版としての一冊と、同僚や親族、建築家が書き下ろした新しいエッセイを収録した一冊が共にスリップケースに収められている。1962年に出版され、長らく絶版となっていた「The Notebooks and Drawings of Louis I. Kahn」は、自身のドローイングと文章を初めて収録したものであり、作者にとって最もお気に入りの作品集であった。1950年代のヨーロッパにおける旅を記録した、原寸大で複製された初期のスケッチや、代表的な建築作品の設計図が掲載されているほか、未発表のスピーチ、レクチャー、ラジオ放送などから抜粋したテキストも収録。

本書は、当時刊行された著作の復刻版と、イラスト付きリーダーズガイドを含む二巻セットとなっている。イラスト付きリーダーズガイドには、アメリカ人学者でありキュレーターのウィリアム・ウィテカー(William Whitaker)、ピューリッツァー賞受賞者でありアメリカ人建築評論家のポール・ゴールドバーガー(Paul Goldberger)、作者の親族であり、同じく建築家のフランク・ゲーリー(Frank Gehry)、安藤忠雄、デニース・スコット・ブラウン(Denise Scott Brown)らによるエッセイや解説も収録されており、現在もなお続く多大な影響力のある20世紀の建築家の一人である作者の功績を文脈的に解釈している。

by Louis I. Kahn

REGULAR PRICE ¥18,700  (tax incl.)

hardcover including 4 gatefolds
216 pages
285 x 381 mm
color, black and white
2022

published by YALE UNIVERSITY PRESS