A DRAWING SURVEY by Carroll Dunham

ニューヨークを拠点に活動する作家、キャロル・ダナム(Carroll Dunham)の作品集。作者の30年間に及ぶ作家活動の中から特にドローイング作品に焦点を当てており、2012年にロサンゼルスの「BLUM & POE」で開催された展覧会に伴い刊行。アシール・ゴーキー(Arshile Gorky)、アンドレ・マッソン(André Masson)、フィリップ・ガストン(Philip Guston)といった先人のアーティストたちを描き、臼歯、男根のような鼻、シルクハット、ナイフ、拳銃といったバイオモルフィック(生命形態的)なフォームが用いられた作者の視覚的ボキャブラリーは、各要素の衝突が露骨に作品中で展開されていく中で、開放的であり様々なかたちのセクシュアリティを表現している。数週間あるいはそれ以上の期間の中で、1日に1点以上のドローイングを完成させてきた。このような創作活動を経て、これまでに驚くほど幅広い素材や内容に富んだ多くの作品群を生み出すに至っている。活動初期の1980年代から現在までに及ぶ366点を収録した、作家のドローイング制作の歴史を総括する一作。

by Carroll Dunham

通常価格 ¥5,800
1万円以上国内送料無料

softcover
328 pages
260 x 220 mm
color
2012

published by BLUM & POE