ANIMALITY by Jens Hoffmann

ニューヨークを拠点とするキュレーター、ライターのイェンス・ホフマン(Jens Hoffmann)による作品集。「Marian Goodman Gallery」との共同企画によって制作。最も初期の洞窟壁画は、人間が何千年もの間動物と共生してきたことを明らかにしているが、その関係性は矛盾を孕んでいる。我々は人間でない動物という種を神格化し、尊敬し、犠牲にし、搾取する。このパラドックスは、人間と動物との関係が一般的に考えられているよりも複雑で、はるかに豊かである可能性があること、そして人間と動物の間には明確な違いはないことも示唆している。動物が無数の神話の主役であり、数え切れないほどの科学的研究を経て芸術作品や文学作品に登場してきた。本作は、人間と世界との関わりを研究する方法の中心として「動物」を捉えようと試みている。6つの相互に関連したテーマ - 起源、マーキング、異種交配、変異、痕跡、絶滅 - を探求し、芸術の分野からだけでなく、映画、文学、哲学、科学といったジャンルから70人以上が本企画に参加している。本書は、2016年に「Marian Goodman Gallery」で開催された大規模なグループ展「ANIMALITY」に伴い刊行された。

参加作家:ジョルジュ・バタイユ、ジル・ドゥルーズ、フェリックス・ガッタリ、ミシェル・フーコー、ロニ・ホーン、フリードリヒ・ニーチェ、ガブリエル・オロスコ、ジョージ・オーウェル、タリン・サイモン、杉本博司 他

by Jens Hoffmann

通常価格 ¥8,800
1万円以上国内送料無料

softcover
205 pages
291 x 225 mm
color
2017

published by MARIAN GOODMAN GALLERY