TUMMY RUMBLE (TO ME, RUBBLE) by Rudy Guedj & Will Pollard

オランダを拠点に活動するデザイナー、イラストレーターのルディー・ゲジ(Rudy Guedj)と、同じくオランを拠点とするライター、エディターのウィル・ホラード(Will Pollard)による作品集。本作は、2017年7月にリトアニアのタリン・アートホールで開催された展覧会「Signals From The Periphery」に伴い刊行された。壁面に描かれたドローイング、サウンドとナレーション付きの映像で構成されたインスタレーション作品であり、ドローイング、ブックデザインを担当したゲジと、テキスト、ビデオのナレーションを担当したホラードのコラボレーションにより制作された。本書は、このインスタレーション作品のテキストとイラストレーションを新しい対話の中に登場させることによって、作品の記録およびその最終的な解釈として機能している。言い換えると、展覧会が行われた美術館とその地下にあるクラブを想像の中で作り変え、そこで営業時間外に起こった架空の出来事をストーリーとイラストレーションで表現したのがこの本である。ストーリーの登場人物は、酔っ払いの与太話のように、消化する身体と建築様式のイメージやメタファーを次々と連想していく。こうした空間についてのフィクションは、最初にテキストの筋を組み立てるのに使った図と一緒に展覧会の会場の壁に描かれている。ここでのドローイングとテキストは、言語と形の抽象化についての(思いがけない発見を生み出すような)共同研究という同じ目的を持った道具として使われている。このプロジェクトは、芸術・文化を支援するCREATIVE INDUSTRIES FUND NLのStimuleringsfondsの後援によって行われた。

by Rudy Guedj , Will Pollard

REGULAR PRICE ¥2,800

softcover
52 pages
180 x 310 mm    
color
limited edition of 300 copies
2020

published by BUILDING FICTIONS