UNDER THE RADAR - UNDERGROUND ZINES AND SELF-PUBLICATIONS 1965–1975

西ドイツで生まれた前衛的な自費出版作品を紹介する作品集。このテーマでの刊行物は本書が初めてとなる。ブレーメンにある現代美術館、ヴェーザーブルク美術館で開催された展覧会に伴い刊行された一冊。1960年代半ば、前衛的な自費出版の本のブームが巻き起こった。コンニャク版(ヘクトグラフ)、謄写版(ミメオグラフ)、オフセット印刷によって小部数を低価格で印刷することが可能になっただけでなく、こうした出版物に特有の美意識が育っていった。「理想主義的なアマチュア」たちは慈悲出版物の制作にのめり込み、タイプ打ちの文字の魅力、手書きの文字、へたくそなドローイング、たくさんのコラージュ、ポルノ写真、スナップ写真、マンガの切れ端などを自由奔放に組み合わせていった。タイポグラフィーも意図的に自由に解釈され、それと並行して新しい「感性」の名の下に言葉やヴィジュアルによる表現も開放的になっていった。本書では、このような作品が登場するに至った世界的な背景についても説明されている。逸話に富んだ歴史として自費出版物の世界を紹介するのではなく、「Do-It-Yourself」を掲げた反乱から生まれた美意識の世界を探索し、今再びブームになっている「インディペンデント・パブリッシング」やリソグラフなどの美しさをもう一度見直す機会を我々に求めている。ドイツ人作家のヤン=フレデリック・バンデル(Jan-Frederik Bandel)、学者で評論家のアネット・ギルバート(Annette Gilbert)、スイスを拠点として活動するグラフィックデザイナー、タニア・プリル(Tania Prill)が編集、デザインはスイスのデザインスタジオ「Prill Vieceli Cremers」が手掛けている。

by Annette Gilbert , Jan-Frederik Bandel , Tania Prill

REGULAR PRICE ¥7,200

softcover
368 pages
225 x 335 mm    
color, black and white 
2019

published by SPECTOR BOOKS