CANOVA MUSEUM POSSAGNO by Carlo Scarpa

ヴェネツィア出身のイタリア人建築家、カルロ・スカルパ(Carlo Scarpa)の作品集。本書は、作者が1955年から1957年にかけて行った、北イタリア・ポッサーニョにある「カノーヴァ彫塑館(Museum Gipsoteca Antonio Canova)」の増築プロジェクトを紹介する一冊。

作者がヴェネツィアの「アカデミア美術館(Gallerie dell'Accademia)」で成し遂げたことは、ヴェネツィア絵画の偉大なる伝統と密接な関係があることを示した一方、このポッサーニョの彫塑館(ジプソテカ)の仕事は、本書が裏付けるように、作者が通っていた美術アカデミーの空間を飾っていた彫刻家アントニオ・カノーヴァ(Antonio Canova)の作品へのオマージュである。

作者が1926年に「王立ヴェネツィア美術アカデミー」を卒業した2年前、初めての建築学科大学院が開設された。当然、1928年に行われた建築士の登録試験で、最初に合格した7人の建築家の中には、作者の名前はなかった。そのため、約30年後の1957年、「カノーヴァ彫塑館」の増改築が完成するまでの間に、作者は無免許で建築物を設計をしたことから訴えられた。作者の学歴が原因で、自身のキャリアの中で最も悲しいエピソードのひとつを引き起こすことになったが、美術アカデミーで過ごした年月は作者の仕事に一定の足跡を残した。それは特に、1940年からヴェネツィア「アカデミア美術館」とポッサーニョの彫塑館の改修に取り組んだことに現れている。

※ 本商品は製本の仕様上、カバーの角付近にシワが寄っている在庫もございますのであらかじめご了承ください。

by Carlo Scarpa

REGULAR PRICE $58.00

hardcover
144 pages
300 x 240 mm
color, black and white
2022

published by ELECTA