FEMALE CHIC. THEMA SELECTION - STORY OF A FASHION LABEL by Gina Bucher

チューリッヒから程近い所に位置するリマト川沿いの穏やかな街オーバードルフに直営店を構えたスイスのファッションブランド 「テーマ・セレクション(Thema Selection)」は、1970年代に大きな注目を浴びた。ユニークなスタイルと風変わりなファッションショーで注目され、直営店はチューリッヒのアート関係者達の溜まり場となった。ブランドの創始者カタリナ・ベビエ(Katharina Bebié)とウルスラ・ローデル(Ursula Rodel)、シッシ・ゾーベル(Sissi Zoebel)に加え、エリザベス・ボッサード(Elisabeth Bossard)が後に参加。その後、クリスタ・デアウングス(Christa Derungs)とソニルド・ケスラー(Sonnhild Kestler)が加わった。メンズ生地を用いた、ざっくりとカットされたレディースのワークウエアが直営店で発表された頃、その中性的な装いは時代の先を行くものだった。当時の女性のほとんどはヒッピースタイルか味気ない婦人服を着ているかのどちらかであった。最初の二年間は店が繁盛することはなかったが、1974年に「VOGUE」誌がオーバードルフのアヴァンギャルドなファッションについて取り上げたことを機に世に知られるようになった。その後開催した3度のファッションショーは街一番の話題となり、ウルスラ・ローデルとシッシ・ゾーベリによってスタイリングされた国際的な映画スターだけでなく、本書には収められないほど数多くの都市伝説が見出しを飾った。「Thema Selection」に関わった女性達は、何年も同じ体制が続いた後、顔ぶれが次から次へと変わっていった。このクリエイティブ事業の正式メンバーは固定的なものではなく、意欲的なビジネスの信条を分かち合うことが一番重要なことだった。本書の中で、生活に対する特別な趣に溢れる店の発起人やその仲間達が、このアヴァンギャルドな事業の歴史の背景について詳しく述べている。2015年の「The Most Beautiful Swiss Books」賞受賞作品集。

by Gina Bucher

通常価格 ¥7,500
1万円以上国内送料無料

softcover
624 pages
228 x 300 mm
color
2016

published by EDITION PATRICK FREY