THE CASTLE by Federico Clavarino

イタリア人フォトグラファー、フェデリコ・クラヴァリーノ(Federico Clavarino)の作品集。ヨーロッパ、単なる国々の集合体や地理的な名称を越えたその存在は、一つの意思もしくは思想の集合体とも解釈されうる。ヨーロッパの思想は、古代ギリシャやここ数世紀中の強大な植民地支配上に成り立っていたローマ帝国にはじまり、地球の歴史上重要な時代を作り出し活気づけて来た。本作品の狙いは、第二次世界大戦後のヨーロッパで、モノや人々の表面上に残る歴史の手がかりを追うことである。それはまた都市の壁や、歴史が保存されている美術館、領土の境界を定めるために作られたバリケードと同様の価値を持つとしている。「The Castle」は数々の写真で作られた一つの「建築」であり、本作自体は4つのパートで構成されている。第一章は近世の創設神話を参照とした「The Dead(死者)」。近代ヨーロッパの体制につながる事柄である。第二章は、ヨーロッパ社会の基礎である権力と権威に関する「The Organizing Principles(組織化原理)」。「The Castle(城)」をタイトルとした第三章は、最終的に結果として生じた建築物について、分離と支配が生じる要素を明言することで詳しく追求している。そして最終章「At Twilight(たそがれ時)」は預言、忠告である。

by Federico Clavarino

通常価格 ¥6,000
1万円以上国内送料無料

softcover
160 pages
297 x 210 mm
black and white
2016

published by DALPINE