A WAY OF SEEING by Helen Levitt

アメリカ人フォトグラファー、ヘレン・レヴィット(Helen Levitt)の作品集。1965年に初版が刊行された傑作『A WAY OF SEEING』は、ピューリッツアー賞作家のジェームズ・エイジー (James Agee) のエッセイを共に収録。作者が存命のうちに2度増刷され、写真集の定番として高く評価されている。作者のネガやプリント管理をしていた元アシスタントのマーヴィン・ホシノ(Marvin Hoshino)による監修により本作はオリジナルの判型で復刊。初版に含まれていた50枚全ての写真に加え、同時期に撮影された新たな写真も収録。作者は1930〜40年代において、労働者階級が多く住むニューヨークの街で子供達の日常生活を写し、20年もの月日が経った後に初めて本書を刊行。そして彼らが成長してからかなりの時がたった今もなお、その圧倒的なリアリティーのある視点を我々に見せる。

by Helen Levitt

REGULAR PRICE ¥5,500

hardcover 
120 pages
234 x 198 mm
black and white
2020

published by WALTHER KÖNIG