(CLICHÉ OF A CITY, VENICE) by Inga Kerber

ドイツ人アーティスト、インガ・カーバー(Inga Kerber)の作品集。ヴェニスに訪れる人とその住人を撮った一冊。自らを売り物にする観光都市、世界的に影響を及ぼす資本主義の力、観光の大衆化、都市の景観とその土地の所有権の確保など、そのポートレイトには様々な問題を鏡のように写し出ている。この作品においてヴェニスは、クリシェ(お決まりの表現)という概念の典型そのもの、自らの複製として描かれている。またこの街は、世界中に無数にある同じような都市の代表例でもある。巻末には、ゲッティ・リサーチ・インスティテュートとスクオラ・ノルマル・スーペリオーレ・ディ・ピサの元ディレクターであるサルヴァトーレ・セティス(Salvatore Settis)と非営利団体「イタリア・ノストラ」のメンバーであるペトラ・レスキ(Petra Reski)のテキストを収録。

by Inga Kerber

REGULAR PRICE $26.00

softcover
196 pages
165 x 235 mm
color
2021

published by SPECTOR BOOKS