TRANSFORMATIONS by Kader Attia

フランス人アーティスト、カデル・アッティア(Kader Attia)の作品集。アフリカと西洋の文化は多種多様な面で深く関わり合っている。北アフリカ、アルジェリアとフランス、パリで育った背景を持つ作者の作品において、このもつれ合いが中心的なモチーフに据えられている。 巨大な空間を使ったインスタレーション、映像、写真の背景になっているのは、アフリカの伝統文化がヨーロッパのモダニズムに与えた影響と、1960年代から1980年代にかけてアフリカンジャズとポップミュージックで再活用されてきた南北アメリカの黒人音楽である。作者の作品は不協和音の生産性の高さを表現している。アフリカの仮面、ぬいぐるみ、実験用具、歴史的遺物などは一見何の関係もないように見えるが、この中からヨーロッパがどのようにして自分たちの植民地時代の歴史を取り扱っているのか、移住に関わる現在の政治的状況、今日の大都市における都市化と現実とのつながりを掘り起こしてみせる。2008年から2013年までの作品をより広範な芸術と歴史の文脈の中で提示した本書は、ベルリンのクンストヴェルケ現代美術センターで開催された個展「Repair. 5 Acts」に伴い刊行された。

by Kader Attia

REGULAR PRICE $39.00

hardcover
224 pages
233 x 310 mm    
color, black and white
2014

published by SPECTOR BOOKS