NEW PAINTING by Christopher Le Brun

イギリス人アーティスト、クリストファー・ル・ブラン(Cristopher Le Burn)の作品集。大型の抽象作品を中心に収録。軽やかなタッチのものもあれば、描いている体の動きと色が隙間なく重ねられているものも見られる。1982年にベルリンのギャラリー「Martin-Gropius-Bau」で開催され、業界に衝撃を与えた『ツァイトガイスト(Zeitgeist)』展をはじめとしたいくつもの国際的なグループ展に出展した後、作者はヨーロッパを代表する若い画家の一人として評価されるようになった。2018年に250周年を迎えたロンドンの「ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ」の校長を2011年から務めてきたことにより、社会的にも重要な人物とみなされている。ロンドンの「Lisson Gallery」で開催された個展『NEW PAINTING』では、40年間のキャリアの中でも非常に豊かな一時期を代表する作品を紹介した。どこを見ても動きやエネルギー、ぬくもり、光が絶え間なく入り乱れる、輝きに満ちたこの展覧会の雰囲気を作り上げたのは、きらきらとした光を放つ色のベールが重なり合う油彩作品である。本書では作品のフルカラー写真と共に、美術史家、作家のベン・ストリート(Ben Street)による献辞に加え、作者を近代の重要な巨匠たちと関連づけその作品を20世紀後半から21世紀初期の現代絵画の伝統の中で論じた「 Lisson Gallery」オーナーのニコラス・ログスデール(Nicholas Logsdail)による序文を収録。本書は、2018年7月4日から8月18日にかけて開催された先述の展覧会『Cristopher Le Burn: NEW PAINTING』の開催に伴い刊行された。

通常価格 ¥6,400
1万円以上国内送料無料

hardcover
80 pages
285 x 240 mm
color, black and white
2018

published by LISSON GALLERY