APARTAMENTO ISSUE #29 Spring/Summer 2022

スペイン発、2008年に創刊した年二回刊行のインテリア雑誌『Apartamento』。第29号の表紙を飾るのは、ニューヨークに長く拠点を置き活動するアメリカ人アーティストであり陶芸家のアリス・マックラー(Alice Mackler)。1979年より変わらず住み続けている自宅を背景に、同じくニューヨークを拠点とするフォトグラファーのヘザー・ステン(Heather Sten)が撮影をしている。また、本誌内では、『Apartamento』が長年信頼をおいている一人、ニューヨーク在住の写真家、ライター、スケートボーダーであるジョッコ・ウェイランド(Jocko Weyland)がインタビューを担当している。

毎号異なるデザインで彩られる背表紙の絵柄は、イラン・テヘランを拠点として活動するアーティスト、レザ・シャファヒ(Reza Shafahi)が手がける。プロレスラー引退後、72歳の時に自身の息子でありアーティスト仲間でもあるマリ・シャファヒ(Mamali Shafahi)がきっかけで絵を描き始めており、両者揃っては初となるインタビューも掲載。

他にも、中東料理や人類学を専門とするエジプト系イギリス人作家のクラウディア・ローデン(Claudia Roden)、様々な分野で活躍する韓国人デザイナーのミンジェ・キム(Minjae Kim)、アメリカ人フォトグラファーのデュアン・ミカルス(Duane Michals)、ポルトガル人建築家のアルヴァロ・シザ(Álvaro Siza)、ニューヨークを拠点とする建築家のソルヴェイグ・ファーランド(Solveig Fernlund)、イタリア人シンガーソングライターであるジョアン・ティーレ(Joan Thiele)、韓国人アーティストのチェ・ビョンフン(Choi Byung-hoon)、イタリア人フォトグラファーのマルコ・グラヴィアーノ(Marco Glaviano)、アメリカ人シンガーのシドニー・ローレン・ベネット(Sydney Loren Bennett、通称: Syd)、スペイン人アーティストのアルバロ・マツキシンバレナ(Álvaro Matxinbarrena)、ドイツ人ヴィジュアルアーティストのサラ・オートメイヤー(Sarah Ortmeyer)、アメリカ人アーティストのクンレ・マーティンス(Kunle Martins)、エジプト・シワ・オアシスのエコロッジ「Adrère Amellal」のオーナーであるムニラ・ニーマタラ(Mounir Neamatalla)、医師としてのキャリアを持ちながら、マグダレン・オドゥンド(Magdalene Odundo)などの陶芸作品を収集するブライアン・ハーディング(Brian Harding)に関する記事を掲載。また、撮影はライアン・マッギンレー(Ryan McGinley)やジェイミー・ホークスワース(Jamie Hawkesworth)、クエンティン・デ・ブリエ(Quentin de Briey)などが手がける。

加えて、フォトグラファーのアレン・フレーム(Allen Frame)がヴィジュアルアーティストの故ダレル・エリス(Darrel Ellis)を偲んだ記事や、作家のフェルナンダ・バレステロス(Fernanda Ballesteros)による「400 Breasts」も収録。

by APARTAMENTO

REGULAR PRICE ¥3,300  (tax incl.)

softcover
384 pages
170 x 240 mm
color, black and white
2022

published by APARTAMENTO