NEIGHBORS by Roe Ethridge

アメリカ人アーティスト、ロー・エスリッジ(Roe Ethridge)の作品集。北アメリカでの初個展開催に伴い発行。商業写真、コンセプチュアルなアート写真、個人的な写真の距離や境界を、概して皮肉を含んで笑うように壊して来たエスリッジの15年以上に渡る写真作品を収録している。本書は3つのチャプターによって構成され、第2章においては初期の自費出版から最近の作品にまで及ぶ。またそのセクションを挟むように最初と最後の章では、灰色の家族写真や地方の海岸、七面鳥や豚やヤギなどの家畜の写真を用い、彼の特徴とも言える無表情なスタイルで作られたほぼ理解不可能な作品が並ぶ。ありふれた奇妙さや可笑しさを描き出しながら、あえて読者を酔わせるようなイメージ構成で、エスリッジが進化する様を闇雲に辿る。またイメージの制作と鑑賞の差異に現れてくる異常性への味付けとして、それぞれのジャンルの言葉の比喩も破壊している。エスリッジの活動の途中から彼をキュレートして来たケビン・ムーアによる、「Nearest Neighbor」(FotoFocus Biennial 2016での展示にも繋がった作品)の解説も収録。このタイトルは、デジタルイメージのサイズを圧縮する機能の名称の1つである「ニアレストネイバー法」に由来。また、本書のタイトル「Neighbours(隣人、仲間)」は、自分も含め友人や家族の写真を作品によく取り入れるエスリッジの性質を暗に示しており、それは自身の手による編集や作品のテーマにも現れている。感傷的な写真と商業的な写真の間に生じる違いや特徴を嘲笑いながら、我々の生活の中で生まれるものとそれを互いに繋ぐもの、その両方のイメージの層の中に潜む一見ありふれたものをエスリッジは追求する。

対談:ロー・エスリッジ(写真家) × ⽯野郁和(写真家)

by Roe Ethridge

通常価格 ¥6,750
1万円以上国内送料無料

hardcover
134 pages
205 x 290 mm
color
2016

shortlist of the Deutsche Börse Photography Foundation Prize 2011

published by MACK