SUMMER CAMP by Mark Steinmetz [SPECIAL EDITION]

アメリカ人フォトグラファー、マーク・シュタインメッツ(Mark Steinmetz)の作品集。ひと夏の間家を離れ、サマーキャンプで過ごす若者たちの心情に迫った一作。書籍へのサイン、スリップケースが付属した特別パッケージ。

これまで私はリトルリーグの野球(『THE PLAYERS』2015, NAZRAELI PRESS)と、サマーキャンプという二つのプロジェクトに集中してきました。春から夏にかけて毎年この二つのプロジェクトに取り組んできましたが、変わることもあれば変わらないこともありました。サマーキャンプといえば寝袋、小屋、キャンプファイヤーがつきものですが、これらは1990年でも1965年でもほとんど変わりありません。参加者の年齢も魅かれる点です。11歳ごろに一気に大人っぽく成熟する時期があるようです。小さな子どもが笑ったり泣いたりしても、それほど心に響くものはありませんが、8歳から12歳くらいまでの少年少女がこのような感情を露わにする時は、痛切な感覚が伴います。彼らが大人になると、これは別物になってしまします。この本に収められた写真の多くは、『特定の状況に置かれた子ども』であることの辛さがテーマになっています。例えば、キャンプ中に仲が悪くいがみ合っていた女の子たちが別れる時の写真があるのですが、彼女達の間に育まれた深い愛情が迸っているのが見えます。それは強烈といっても良いほどです…
―マーク・シュタインメッツ(Huck Mag誌のインタビューより抜粋)

レギュラーエディションは こちら

by Mark Steinmetz

通常価格 ¥18,000
1万円以上国内送料無料

hardcover in a slipcase
92 pages
267 x 305 mm
black and white
limited edition of 100 copies
2019

SPECIAL EDITION
SIGNED & NUMBERED BY MARK STEINMETZ

published by NAZRAELI PRESS