CLAUDE & LILLY by Vincen Beeckman

ベルギー人フォトグラファー、ヴィンセン・ベックマン(Vincen Beeckman)の作品集。「私がリリーに初めて出会ったのは、ブリュッセルの移動遊園地、ミディ・フェアで働いていた時でした。」リリアン・マースのパートナーだったクロード・ヴァン・ヘイレンはリリアンとの出会いについて話す。「彼女に会ったのは1995年の7月14日。店の主人が私に、『クロード、あの彼氏に殴られている女性を連れていってくれないか』と言われたので、私はイエスと答えたのが始まりです。私は彼女のために仕事も辞めました。彼女と一緒に出て行って、それから長い間、23年間一緒にいました。」リリーは2018年6月6日に亡くなったが、クロードは最期まで彼女の側にいた。クロードとリリーのロマンスは作者の写真の中に永久に息づいている。愛やその愛情が伝わってくるちょっとしたしぐさのシークエンス、触れ合い、抱擁やキスを交わし、共に過ごした時間を捉えている。

by Vincen Beeckman

通常価格 ¥3,600
1万円以上国内送料無料

softcover
36 pages
127 x 216 mm
color
limited edition of 500 copies
2019

published by ART PAPER EDITIONS