A JOE BRAINARD SHOW IN A BOOK by Joe Brainard

アメリカ人アーティスト、ジョー・ブレイナード(Joe Brainard)の作品集。 本作は、作者の卓越したその作品からインスピレーションを受けたLOEWEの現クリエイティブディレクター、ジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)がデザインを担当した2021年秋冬メンズのランウェイ・コレクションの発表に伴い刊行された一冊。作者のグラフィック作品に特化した、200ページの豪華な仕上がりとなっている。親友であり詩人のロン・パジェット(Ron Padgett)が序文を、キュレーターであり美術評論家のエリック・ トロンシー(Éric Troncy)がエッセイを寄稿している。 1994年にこの世を去った作者が1960年代から70年代にかけて制作した、今や希少なZineやコミック、その表紙や印刷物、エフェメラ、アート作品などが掲載されている。

私がジョー・ブレイナードの作品に惹かれたのは、日常から何かを生み出す力を持っていたからです。アーティストとして、作家として、イラストレーター、詩人として、彼はルールブックやカテゴリーに捉われずに思考し、行動してきました。私はこの本を『SHOW IN A BOOK(本の中のショー)』であり、未だ開催されていない展覧会のカタログであり、そしてインスピレーションを得て制作したLOEWEのコレクションに付随するマニフェストであると考えています。」- ジョナサン・アンダーソン

編集、デザインはクリエイティブ・ユニットのM/M (Paris)、出版はLOEWEが手がける。1967年に作者が制作した色鮮やかなコラージュ作品『 Untitled (Bow)』を再現した、巨大な折りたたみ式の布製カバーに包まれている。本書の売り上げは、「PRINTED MATTER」と「Visual AIDS」へ寄付。「PRINTED MATTER」は、アーティストブックやその関連出版物の普及、理解、鑑賞を目的としたアメリカの非営利団体であり、「Visual AIDS」はアートを通じてHIV/AIDSと闘うために対話をしHIVと共に生きる作家を支援し、その功績を守ることを目的として活動している。

by Joe Brainard

REGULAR PRICE $102.00

hardcover
200 pages
290 x 355 mm
color, black and white
limited edition of 500 copies
2021

published by LOEWE