BILDRAUSCH. DRAWINGS 1966-2018 by Walter Pfeiffer

スイス人フォトグラファー、ヴァルター・ファイファー(Walter Pfeiffer)の作品集。製図職やグラフィックデザイナー、ペインターとしてキャリアをスタートしていながら、作者のドローイングを知る幸運な人はあまりいない。作者の作品は写真にばかり注目が集まりがちだが、グラフィックと写真という異なる分野の間を行き来して常に新しいものを生み出しており。本書は、グラフィック作品がまとめられている。1970年代の初めには鉛筆でハイパーリアリスティックなドローイングの大作が幾つも描かれているが、その作品群は後の写真作品のもとにもなっている。作者のこの作風は個人制作とコミッションワークの両方で用いられ、チューリッヒのすぐれた旧作映画を上映する映画館「Filmpodium(フィルムポディウム)」のために作った伝説的なポスターの数々、雑誌のイラスト、ポートレイトなど多くの作品が生まれた。1980年代頃から絵画に深く傾倒したファイファーは1990年代に入ると、墨汁や色鉛筆、水彩などを使ったドローイングに専念するため写真から完全に離れていく。この頃の作品は、美しい少年や親しい女性の友人、静物画、花々などを主題とし、自由自在に踊る優美な線や色が前面に押し出されていた。ここに収められたイメージは、官能的でありながら生き生きとした生命力に溢れ、意識的に描かれた線、そしてそぎ落とされたデザインと豊かな装飾性が交互に現れる点が持ち味となっている。一般的な全集とは趣を異にする本書は一個の独立した作品集であり、ページをめくればドローイングから溢れるポジティブなエネルギーや見たことのないヴァルター・ファイファーを見つけることができるだろう。

by Walter Pfeiffer

通常価格 ¥8,800
1万円以上国内送料無料

hardcover
492 pages
227 x 320 mm
color
2019 (2018)

SECOND EDITION

published by EDITION PATRICK FREY