BY MEANS OF A DETOUR by Oscar Murillo

現代美術界で重要な賞の一つである「ターナー賞」を2019年に他3名の作家と共同受賞し、ロンドンを拠点とするコロンビア人アーティスト、オスカー・ムリーリョ(Oscar Murillo)の作品集。2019年4月から6月にケンブリッジ大学の「ケトルズ・ヤード・ギャラリー」で開催された「Oscar Murillo: Violent Amnesia」、2019年11月から2020年1月までハンブルク美術館で開催された「Oscar Murillo: Horizontal Darkness In Search Of Solidarity」に伴い刊行。中でも、ケトルズ・ヤードでの個展を含むいくつかの展覧会が評価され、ターナー賞の受賞に至っている。

作者の作品は、ペインティング、パフォーマンス、ドローイング、共同制作、彫刻、サウンドなど、さまざまなテクニックやメディアを用いて制作されており、リサイクルされた素材やスタジオで集められた断片を使用することが多い。作品の多くは、スタジオで複数のプロセスを経て展示され、作者自身の転居の経験や、グローバリゼーションがもたらす社会的影響が反映されている。

この本は2019年を捉えるために作りました。私の人生の1年であり、活動を始めてから10年間の集大成であり、常に旅をし、研究し、制作をしてきました。クロアチアのザグレブで
自分探しをしたり、ニューヨークのおかしくなる程の寒さで体調を崩したり、ショーをするためにベルリンに直行したり...。この本は、2019年を生き抜いた熱狂的なまでの体験を反映しています。その矛盾と荒々しさは、オル・オドゥコヤ(Olu Odukoya)とのコラボレーションによるものです。彼のアナーキーで反権威的な、本人が言うところの『プリミティブ』な精神は、何か真実でリアルなものを暗示するのに最適でした。」- オスカー・ムリーリョ

EXHIBITION:

MAMプロジェクト029:オスカー・ムリーリョ
会期:2021年4月22日(木)- 9月26日(日)
時間:10:00-20:00 / 火曜日のみ -17:00
開催場所:森美術館
詳細

by Oscar Murillo

REGULAR PRICE ¥7,700  (tax incl.)

softcover 
336 pages
220 x 300 mm
color
2021

published by WALTHER KÖNIG