LUC TUYMANS: CATALOGUE RAISONNÉ OF PAINTINGS VOLUME 1, 1972–1994 by Luc Tuymans

ベルギー人アーティスト、リュック・タイマンス(Luc Tuymans)の作品集。1990年代、絵画の復活において重要な役割を果たした作者のキャリアを包括的に記録したカタログ・レゾネの第1巻。1972年から1994年にかけて制作された初期作品約200点を収録する。

雑誌やポラロイドの写真、テレビの映像など、既存のイメージから絵画を制作するという作者の特徴的とも言える手法が成熟したのはまさにこの時期であった。また、1988年に開催された初個展で発表した「Gaskamer」「Schwarzheide」(1986年)、1992年の「ドクメンタ(Documenta)」で発表して高い評価を得た4連作「Die Zeit」(1988年)、病床の身体を痛切に描いた10のポートレート「Der diagnostische Blick」(1992年)など、代表する作品群がこの時期に多数生まれていることがわかる。

作品に加え、美術史家のエバ・マイヤー・ヘルマン(Eva Meyer-Hermann)による編集後記と、インスタレーションビュー、図版付きの年表も収録。本書は、あらゆるもののデジタル化が進む現代においてもなお、作者がその信念を貫き、絵画の重要性と妥当性を主張し続けている証であり、その存在はアーティストや研究者にとって指標であり続けている。

by Luc Tuymans

REGULAR PRICE $191.00

hardcover in a slipcase
492 pages
232 x 305 mm
color
2017

published by DAVID ZWIRNER BOOKS