I CALLED HER LISA-MARIE by Clémentine Schneidermann [SIGNED]

イギリスを拠点として活動するフランス人フォトグラファー、クレモンティーヌ・シュナイダーマン(Clémentine Schneidermann)の初作品集。リズは、自分の娘にエルヴィス・プレスリーの娘にちなみ「リサ・マリー」と名付けていた。"キング" エルヴィス・プレスリーの世界最大のフェスティバル会場から数マイルほど離れたイギリス、ウェールズ南東部に位置するニューポートで、作者とリズは出会った。ウェールズの街ポーチコールの海岸で開催されるプレスリーの人生と楽曲を讃えるその祭典に、毎年リズは何万人ものファンと共に参加していた。作者もまた、本シリーズ制作のため、プレスリーのファン – 中でも特にアリソンとその息子、スティーブ、サマンサ、イアンを撮影するために2013年から2017年までフェスティバルに訪れており、参加者と多くの時間を共に過ごしながら "キング" の人生と音楽が至福の時間を与えてくれるその眩いイベントの荘厳さを写し取った。

また、プレスリーがカバーした楽曲名「Johnny B. Goode」をアリソンの息子が名のりながらパフォーマンスをしていた時に、作者とアリソンら親子は出会った。作者はウェールズの首都カーディフを拠点に作家活動をしていたが、始まりの場所とも言えるエルヴィス・プレスリーの地元アメリカのテネシー州メンフィスへ親子と共に旅に出た。大西洋を横断して敢行された親子の聖地巡礼記録『Johnny B. Goode』が「ボーナストラック」として本書巻末に別紙で付属。

by Clémentine Schneidermann

通常価格 ¥6,500
1万円以上国内送料無料

softcover
80 pages + 16 pages
250 x 250 mm 
color
2018

SIGNED BY CLÉMENTINE SCHNEIDERMANN

published by CHOSE COMMUNE