JÖRG BINZ, ZEICHNER, MALER by Jörg Binz

スイス人アーティスト、ヨルク・ビンツの作品集。

私は学校が嫌で嫌でたまりませんでした。口うるさい先生のいないところで絵を描いていたかった。春の洪水のような勢いで私は学校を可能な限り休みました。そこで(ルツェルン美術学校の)校長先生のヴェルナー・アンデルマット氏に呼び出されてしましまいた。退学にされるかもしれないと思い悩んだ私は、なんとか許してもらえるように少しでも良いところがあると思った作品をかき集めてポートフォリオを作りました。そして運命の日、校室に入ると、アンデルマット先生が巨大な机の向こう側から着席するように促しました。胸がどきどきして、自信は地に落ち、姿勢も悪くなってしまいました。それを見たアンデルマット先生は勘違いしてどなりました。「少しは敬意を見せて背筋を伸ばしたらどうだ。この馬鹿者!」私はショック状態でした。それから先生はどうして学校を休むのか尋ねました。私は自分のために絵を描いていること、集中できる静かな場所が欲しいことを伝えました。彼は私のポートフォリオを取ると、1ページずつ目を通していきました。ページをめくっては後戻りをして何度も見返し、深いため息をついて咳払いをしました。「君のやっていることは非常に良い。ずばぬけて素晴らしい。この調子で頑張れ!でも今後は学校に来なさい」それだけいうと、彼は私を放免してくれました。」(抜粋)

作者の作品に捧げられた感動的な1冊。ポートレイトをはじめとする数々の絵画とスケッチブックから厳選したイメージを収録。びっくりするほど奇想天外で卓越した作品と、絵画について語り続ける文学的な伝記のような文章を織り交ぜている。

by Jörg Binz

REGULAR PRICE ¥5,500

softcover
200 pages
203 x 259 mm    
color, black and white
2020

published by EDITION PATRICK FREY