MATERIALS & LINES by Piero Manzoni

イタリア人アーティスト、ピエロ・マンゾーニ(Piero Manzoni)の作品集。作者はアートそのものの概念だけでなく、自身と観賞者との関係を根本的に変えることを目指して活動を行っている。また、美術界の変革にもその意欲を見せ、雑誌『Azimuth』の創刊やギャラリーの開設にも携わる。

本書は、戦後のイタリア美術を代表する画家であり、コンセプチュアリズムの創始者でもある作者の作品に焦点を当てた2冊組の作品集。第1巻 ”Material” では、作家が29歳で早逝するまでの多作な数年間を、縫い布、綿毛、グラスファイバー、合皮、天然の毛皮、藁、塩化コバルト、石、蛍光ポリスチレン、ペレット、包装など、さまざまなメディアを使って絵画の中で実験的に制作した作品を取り上げている。第2巻 “Lines” では、作家の作品から表現を奪うことを目的とした色彩のない絵画「Achromes」で知られる、同名の作品の根幹をなす作品群について掘り下げた。両巻とも豊富な図版を用い、美術史的なエッセイと多くのアーカイブ資料を収録しており、作者に関する最も包括的な資料の一つとなっている。

by Piero Manzoni

REGULAR PRICE ¥7,700  (tax incl.)

2 softcovers in a slipcase
288 pages in total
203 x 273 mm
color, black and white
2019

published by HAUSER & WIRTH