MODERN ARCHITECTURE IN JAPAN by Manfredo Tafuri

イタリア人建築史家・批評家であるマンフレッド・タフーリ(Manfredo Tafuri)の作品集。1964年、作者は『L’architettura moderna in Giappone(日本のモダニズム建築)』を出版した。当時作者は29歳で、日本に訪れたことはなかった。この本は、戦後日本の建築を紹介しており、イタリア人建築家のレオナルド・ベネヴォーロ(Leonardo Benevolo)が監修した現代建築のガイドブックシリーズの第一弾として刊行された。本書では、20世紀後半における最も鋭い批評家の一人である作者が、1960年代から70年代にかけて、日本の若手建築家・都市計画家グループが日本の新しい都市像を描いた建築運動「メタボリズム運動」やその主要人物での丹下健三などについて、外国人の目線から見た特別な見解を初めて英語に翻訳している。

作者の日本建築に関する思想は、主に雑誌の記事や現代の写真などの資料によって形成された。作者が近代建築を考察する際、どのようにして日本人建築家の偉業を選ぶようになったのか。建築史家が写真だけで建築物を判断するとどうなるのか。

編集を手がけたイラン系アメリカ人建築家兼教育者のモーセン・ムスタファヴィ(Mohsen Mostafavi)によって紹介される本書は、これらの問いについて考察している。本書は、作者が書き下ろしたテキストに加え、イタリア人建築史家のマルコ・ビラージ(Marco Biraghi)、アメリカ人建築史家のキャサリン・イングラハム(Catherine Ingraham)、アメリカ人建築史家のケン・タダシ・オオシマ(Ken Tadashi Oshima)、イタリア人建築家のフェデリコ・スカローニ(Federico Scaroni)、日本人建築家であり建築評論家の八束はじめによるテキストのほか、豊富な図版が掲載されている。これらの資料は、作者の研究、日本建築史、イタリア批評史、そしてこのテキストの特異性に関連して位置づけられるものである。

by Manfredo Tafuri

REGULAR PRICE ¥5,280  (tax incl.)

hardcover
208 pages
152 x 209 mm
color, black and white
2022

published by MACK