OPENING by Jungjin Lee

ニューヨークを拠点とする韓国人写真家、ジョンジン・リー(Jungjin Lee)の作品集。 2016年に刊行され高い評価を得た「 EVERGLADES」に続く本作「OPENING」は、砂漠と山の景観を写しアーティストの真価を発揮したとも言える一冊。アリゾナ、ニューメキシコ、カナダの作者が好んでやまない場所で撮影されたこのシリーズは、風景や物理的存在としての大地や石、樹木、そして空との深く静かな対話へ観るものを誘う。蛇腹折りで製本された本書を広げると3m超にも及び、その両面にパノラマ写真が何枚も印刷されている。

ジョンジン・リーは、詩的かつ魅惑的であり、我々の心に印象付け、内省に駆り立てられるようなイメージを生む。それは、彼女の内面の "エコー(投影)" である。彼女がアシスタントを務めていた写真家、ロバート・フランク(Robert Frank)と同様に、何度も読みたいと望まれる詩のような役割を写真は果たしている、と彼女は強く確信していた。」&mdash トーマス・シーリグ(ヴィンタートゥール写真美術館ディレクター)

記事:Video Editorials by Yasuyuki Takagi / File 01. Jungjin Lee ―知られざるアーティストたちの肖像―(IMA VISION/IMA ONLINE)

by Jungjin Lee

通常価格 ¥10,500
1万円以上国内送料無料

hardcover in a slipcase
56 pages
381 x 190 mm
black and white
limited edition of 2,000 copies
2017

published by NAZRAELI PRESS