PICTURES FROM HOME by Larry Sultan

ブルックリンに生まれカリフォルニアで育ったアメリカ人フォトグラファー、ラリー・サルタン(Larry Sultan)の作品集。1992年に初版が発表された同作の復刻版。

「私にこの作品を撮り続けさせる行為を一体なんと呼べばいいのだろう?社会学よりも愛に、ドラマを見る側よりもその登場人物となることに近いのは確かである。制作という様々なものが入り乱れる奇妙なプロセスの中では、あらゆるものが変化していく。境界線はあいまいになり、距離感は消え、慣れへの自惚れや幻想が揺らぐ。苦悩に苛まれ、呆然と真夜中に目を覚ますこともある。これが私の両親だ。このシンプルな事実から全てが始まる。」 – Larry Sultan

1992年に出版された初版が賞賛を浴びた「Pictures From Home」は、作者から両親への贈り物である。作者は1980年代を通じて定期的に南カリフォルニアの実家に戻り、その中で撮影した写真作品に、家族ビデオからのスチル写真、会話の切れ端、作家自身によるテキスト、思い出の品々や出来事を組み合わせることで十年の歳月を記録。ドキュメンタリーとステージド・フォトグラフィー(演出された写真)の境界線が徐々にぼやけていくような物語のコラージュを創り上げた。撮影者と被写体との間には一定の距離感があるものだが、それもこの作品を特別なものにしている対話や感情のやりとりの中で消えていく。

オリジナル版に比べ、ページ数を大幅に増やした MACK監修の本書では、この独創的な作品の持つ新しい視点を際立たせるため、文章と写真という二つの表現が二重奏のように共鳴し合う作品であることがよくわかるように配慮されている。ホームビデオの映画的な動きを強調するため、スーパー8フィルム(1960年代に発売された個人映画撮影向けのフィルム)で撮影されたスチル写真は新たにデジタル化・拡大し、裁ち落としの見開きで配置。未収録だった写真も多数掲載され、レーガン時代のアメリカンドリームという典型的な時代背景をよそに淡々と日々を過ごす両親の姿をより鮮明に描き出している。また、「キング・オブ・カラーフォトグラフィー」としてその名を轟かせた作者に敬意を表し再編集、復刻されたということも、本書において最も重要な点である。

 1990年代に発表された中で最も重要なアメリカの写真集の一つである。
− マーティン・パー & ジェリー・バッジャー

率直で知的、そして残酷なまでに正直なこの本は、物語的写真のマスターピースである。
− アレック・ソス

オリジナル版「PICTURES FROM HOME」は、革新的な作品だった。そして、この新装版はよりいっそう強烈で、夢中にさせられる経験を得れるだろう。
− スティーブン・ショア

ラリー・サルタンは、写真と言葉、そして彼の両親が残したアーカイブを編むことで、他に類を見ない素晴らしい力強さを生み出した。
− シャーロット・コットン

今まで目にしたものの中でも、最も感動的で忘れられない家族写真の一つである。
デイブ・エッガーズ

by Larry Sultan

REGULAR PRICE ¥9,680  (tax incl.)

hardcover
196 pages
230 x 270 mm
color, black and white
2017

published by MACK