THE HOME FRONT by Kenneth Graves

アメリカ人フォトグラファー、ケネス・グレイブス(Kenneth Graves)の作品集。60~70年代の過渡期のアメリカを哀愁とユーモアをふくみ、特徴的にとらえた作品を収録。シークエンス内の空白からは、アメリカが抱える矛盾と減退を強調しているのが見てとれると同時に、この虚構を調査分析し現実性を背景にアメリカンドリームの緊張を表している。グレイブスはカメラの前で展開される信じがたい出来事や予期せぬ幸運な偶然など、日常のシュルレアリスムを記録するための手段として写真を用いる。Garry Winograndの様に写真の異なる言語(文学調や常に偽って伝えられる政治的ヴィジョン)の構築に関心をもっている。アメリカの風物の一般公開を追い求める中で、作者は予想と予期せぬことの同時性に刮目し、日々に潜む奇跡やユーモア、違和感などを明らかにしようとした着眼点が伝わる1冊となっている。

by Kenneth Graves

REGULAR PRICE $37.00

softcover
80 pages
230 x 170 mm
black and white
2015

published by MACK