YEREVAN 1996/1997 by Ursula Schulz-Dornburg

ドイツ人フォトグラファー、ウルスラ・シュルツ=ドルンブルク(Ursula Schulz-Dornburg)の作品集。作者はその長いキャリアを通じ、変化や推移という「転換点」を迎えた人工的な環境を記録した数々の作品を生み出した。人里離れた、たどり着くことさえ難しい土地を作者はしばしば訪れている。1996年と1997年にはアルメニアに赴き、首都エレバンを歩き回り残存するソビエト時代の建築物を視覚的なメモとして小さなポータブルカメラで残していった。ドイツに戻ってからフィルムを現像し2001年に編集、その手法はアルメニアの学校で昔から使われているノートを持ち帰り、そこにプリントを貼り付けていくというものだった。この手作りのスケッチブックは、当時建築を学んでいた娘のジュリアに捧げられた。アーティストブックであるオリジナルのスケッチブックを複製した本書からは、遠い昔に消えてしまった文化的人工物の歴史だけでなく、時間と空間を通り抜け、出会ったものを記録し、本を作り上げていった作者の制作の様子がありありと伝わってくる。

by Ursula Schulz-Dornburg

通常価格 ¥4,500
1万円以上国内送料無料

softcover
72 pages
200 x 170 mm
color, black and white
2019

published by MACK