TRA L'ALTRO, 1976-81 by Guido Guidi

イタリア・チェゼーナ出身のフォトグラファー、グイド・グイディ(Guido Guidi)の作品集。同じくイタリア人フォトグラファーのマルセロ・ガルヴァーニ(Marcello Galvani)が巨匠である作者のアーカイブから選んだ作品で本書は構成されており、1976年から1981年の間に小型カメラで撮影された94点のカラー写真を収録。ほとんどが未発表となる作品群は、作者の作品の有名な2つのフェーズをつなぐリンクとなっている。1980年代に入ると作者は小さなフォーマットから8x10の大判カメラに持ち替えてカラー写真を始めたが、1970年代初頭の政治的なモノクロのスナップショットのフェーズに続いたこのシリーズを見ると、作者がカラー写真に徐々に傾倒していったことが分かる。この頃から既に作者は、その土地の建物、人々、視覚的な偶然を含む日常風景に深い興味を抱くようになっていた。一つの場所に留まることのない、素早く投げかけられた視線は、変化し続ける体験を捉えることの可能性と写真の中の時間という概念に問いを投げかけている。タイトル『TRA L'ALTRO』は「ちなみに」「ところで」というような意味だが、これは作者の視覚的な思考が変化した歴史的な瞬間を象徴している。またこれは自身の言葉によると「一時的な考え」であり、外の世界と「繋がる」方法でもある。

MACKタイトル を 10,000円(税別)以上ご購入の方全員に、MACK 設立10周年記念トートバッグをプレゼントいたします。ご購入予定のMACKタイトルと併せてカートに入れて決済をお進めください。

Selected from Guido Guidi's archive by Marcello Galvani, this book presents 94 colour photographs made with small-format cameras between 1976 and 1981. Mostly unpublished, these images form an ideal link between two phases of Guidi's work that are already well known. After the irreverent black and white snapshots of the early 1970s, this series marks Guidi's progressive shift toward the colour work he began to investigate in the early 1980s with a large format 8x10 camera. Here we already see the photographer's growing fascination with his quotidian landscape, including vernacular buildings, ordinary people, and visual accidents, yet caught with a quick, peripatetic eye that questions the possibility of grasping the flux of experience and the notion of photographic time. "Tra l'altro" – which translates as incidentally, by the way, or among other things – acts as an historical moment of transition in Guidi's visual thinking, but also, in his own words, as "passing observations" and a way to "make contact" with the outside world.

by Guido Guidi

REGULAR PRICE ¥6,600

hardcover
128 pages
220 x 270 mm    
color
2020

published by MACK